具体化できない希望も建築家になら任せられる

FH140_L

建築家にとっては、どれだけ家族の希望をくみ取れるかということが大切になってきますから、家族が具体的に表現できない、潜在的な部分に対しても気を配ります。
それは、希望には表れない部分も、建築家なら意図的につくり出せるということです。
家族が集まるリビングがほしい、という希望をもっていても、具体的にはどうしたらいいのかわからない場合もあるでしょう。
そこで私だったら、リビングに二階へ上がる階段をつくったり、わざと、リビングやダイニングを通らなければ洗面室や浴室、トイレといったサニタリー部分へ行けないように動線を工夫して設計します。
家族が交差するための工夫をいろいろと施すことによって、いつも家族の動きや気配を感じられる家をつくり出すのです。この場合、安易に計画すると落ち着かないリビングやダイニングになりますから、住まいの設計を熟知している建築家と話し合うのがよいと思います。
見た目や冷暖房などの経済性はとりあえず置いておき、家族みんなが集まるリビングをどのように使いたいのか。それを家族で話し合い、明確にしてみましょう。
・リビングの一部に本棚と机をつくり付け、家事や読書、仕事など、さまざまな用途で利用できるようにする。
・2階をリビングとしているので、トップライトから光が十分に入る。天井が高く、ピアノの音も響きます。
階段の回りを凹字型に、リビング、ダイニング、キッチンカ咽んでいます。玄関を中2階に設置してあり、キッチンからは玄関までの階段が見えるので、料理をしながら来客を確認できます。
中庭を取り囲むように部屋が並んでいます。春には「ヤマボウシ」に白い花が咲き、その下で読書やティータイムを楽しめます。庭のどこにいても、家族の視線や気配を感じることができます。
昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、家 高く売る ←こちらのサイトからたくさん見られます。
■暮らし方によって異なるリビングをもつ家のバリエーション■
リビングを通って、洗面室、浴室、トイレに行きます。サンルーム、暖炉、アール形状のラウンジなど、家族が思いおもいの場所でくつろぎながらお互いを身近に感じることができます。
小さな子供の動きを、つねに感じながら過ごしたいというお母さんの希望で、リビングとダイニングの間にキッチンを配置しています。玄関のお客様もすぐにわかり、明るくオープンな住まいです。また、リビングの階段を通って2階へ行くので、家族のコミュニケーションもスムーズ。
ご夫婦とおばあちゃんの三人暮らしの住まいです。キッチンで料理しながら、来客の気配がわかるだけでなく、テラスでひなたぼっこするご主人やおばあちゃんの部屋にも目が届きます。
老夫婦の住まい。現在納戸になっている部分は将来エレベーターとなり、リビングから出入りすることができます。
リビング、ダイニングを中心にした回りには、2階に行く階段、子供部屋、和室、洗面室、浴室などすべての織眉があります。掘りごたつ式リビングで、家族は体を横たえて思いのままくつろぐことができます。
あふれんばかりの光が交差する、中庭プランの家。子供たちが家全体を走り回ります。住まいの3分の2がリビングのような、そんな印象を受ける空間が実現されています。コンパクトな収納スペースも、いたるところにつくられています。