考え直したい子供部屋の意味

FH134_L

まず、子供部屋の考え方ですが、子供はいずれ出て行くものと考えれば、子供部屋を二階の南向きのいちばん条件のよい場所にもってくる必要があるのでしょうか。
親は、北側の部屋を子供部屋として、南側に寝室をもってくると後ろめたい気持ちになったりしますが、子供が成長して出て行ったあと、残された部屋はどのように使われているのかというと、だいたい物置になってしまう場合が多いようです。
現在、子供部屋の広さは平均して六畳という統計が出ていますが、この六畳という広さは、じつはたいへん中途半端な大きさなのです。
夫婦で使うには不十分だし、だからといってほかに適当な使い方は見つからず、結局物置専用の部屋になってしまうわけです。それならば、子供が子供部屋を使用するのは10年程度と考え、最初から夫婦の部屋を条件のよい場所にもってくるのが妥当でしょう。
どうしても、日当たりのよい場所にしてあげたいのなら、将来間仕切りをはずして広く使うことができるなど、柔軟性をもたせるほうが、スペースをむだなく使うことができるというものです。
業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。
親の老後の人生は長いのだから、子供部屋は勉強ができる最小限度の空間で、北側に位置しても十分だと発想する人はなかなかいません。そういう意味を含めて、もう一度子供部屋の意味を考え直してみるべきです。
子供部屋は旅館タイプにならないように
両親の理室と子供部屋が、階段をはさんで並ぶ旅館タイプ6親は子供の気配がわからず、子供同士も顔を会わすことが少なくなります。
両親の寝室の前を通って子供部屋に入るよう階段を配置。子供部屋の入り口を一カ所にすれば、より豊かなコミュニケーションが生まれます。
また、子供部屋の「扱い」に加えて、子供部屋の「間取り」も検討しなくてはなりません。
いちばん避けたいのが、旅館タイプといわれる間取りで、これは、廊下から横に並んでいるそれぞれの部屋に入るものです。出入り口が並列になるため顔を会わせにくく、また、一階の間取りが玄関からすぐに階段を上れるタイプなら、親と子供は一日に一度も顔を会わせずに生活できることになります。
子供部屋をいつ、どのように与えるか。そして、その部屋はどのような間取りなのか。これら三つの要素をじっくりと検討して、健全な成長をサポートする子供部屋を与えたいものです。