自己整理

ブラック企業とは?

就職活動をおこなっていると、一度は耳にした事があるであろうブラック企業。
名前からしてすでにいや?な雰囲気をもっていますが、いったいどのような企業がブラック企業と言われるのでしょうか。
ざっくり言えば、まず、労働法やその他の法令など、法律に反する事を強いる企業の事を言います。

さらにたちの悪いところもあり、グレーゾーンすれすれの所で従業員を酷使するような所もあります。
健康面を完全に無視した極端な長時間労働やサービス残業。
上司の特権を利用したパワーハラスメントやセクシャルハラスメントなど、様々な手段で従業員を酷使し、使いすてをします。
就職活動を行う人であれば、誰しも入社する事を避けたいのが、このブラック企業だと思います。
どのような方法で見極めをすればいいかを、以下にまとめましたので、判断する際の参考にしてください。

①2chやweb上で企業の評判を検索する ②役職の与えられていない社員にOB訪問をして内情を聞き出す ③会社の前などで出入りする従業員を観察してみる まず①に関して。
これは就職活動を行う中で経験した事がある人もいると思いますが、ネット上には様々な情報が出回っています。
中には信憑性もないでたらめな情報があるのも事実ですが、検索のサジェスト欄に多く出てくるなど、あまりにも多くその企業がたたかれているなどすれば、信憑性の高い情報と思って受け取ってもいいかもしれません。
火のないところに煙はたたぬ、です。

次に②に関して。
役職のある人間ではない所がポイントです。
役職のある人の場合は、会社の立場上、当然のことながらわるい事は隠すにちがいありません。
そのため、役職のない社員に話を聞くのがひとつの手として有効です。
すごく優秀であるにもかかわらず、会社に対しての愚痴や不平・不満が多くでるようでしたら、まず間違いなく怪しいと思っていいかもしれません。

最後に③です。
月曜などのその会社の始業時間に合わせて会社の近くにあるお店から従業員の顔を観察してみましょう。
ほとんどの人が疲れきった憂鬱な顔で出社をしてきていたらその会社は怪しいかもしれません。
反対に生き生きとした表情の社員が多ければ、その会社は魅力的な会社かもしれません。

職選びで何を優先する?

就職活動を行うにあたって、あなたなは何を優先して職選びを行うでしょうか。
もらえるお給料の額、残業の有無、福利厚生の充実度など、企業選びにおいて考慮するべきポイントは複数あります。
もちろん、これにはこれといった正解というものはないと思います。

なぜならば、人それぞれのライフスタイル、人生設計によって、優先したいもの、するべきものが変化するからです。
そのため、「自分は今後、どういう人生を送っていきたいのか。何にプライオリティーを置いて生活をしていきたいか。」
就職活動を始める前そして、行いながら、しっかりと整理をして就職活動を行っていく事が大切だと言えます。

とはいえ、まだ社会に出て働いた事がなければ、なかなかイメージしにくい事ではあると思います。
そんな時は身近な先輩や、学校のOBなど、人生経験の豊富な人にアドバイスを求めるのもオススメです。
身近な親御さんに意見を求めてみてもいいでしょう。

あなた一人では思いつかなかったような視点やアドバイスがもらえる可能性があります。
学生の時とは違い、自分の自由な時間、というものが社会に出て働く事により、一気に減ります。
そうなってくると、自分の人生を見つめどういう将来を送っていきたいかをじっくり考える時間はそうなかなかとれません。

だからこそ、実際に社会にでて働く前に、こういった事をしっかりと考える事は、自分の将来において、非常に有意義な時間になるのです。
就職活動は、一生懸命作成した書類が不通過になったり、面接試験で不合格になったりと、 決して楽しい事ばかりではありません。
しかし、自分のこれまでの人生を振り返り、将来をどうしていくか真剣に考える時でもあるという点では、自分を変えたり、より豊かな人生を送れるチャンスでもあります。
自分のこれまでと、これから。
これらをしっかりと整理した上で、あなた自身の優先する職選びのポイントを明確にして職を選び行っていく事が大切です。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.