自己整理

高校生と大学生どっちが就職難しい?

高校生と大学生。
就職するのが難しいのはいったいどちらでしょうか。
この問題に関しては、どちら、という風に結論付けるのがとても難しいテーマであるような気がします。

というのも、単純に比較する事自体が難しいからです。
といいますのも、高卒の人と大卒の人を、同じ雇用条件で採用するという事がまずほとんどないからです。
学歴とかが関与しない職人などの専門職であれば話はまた変わりますが、総合職などの場合は一概に比較的できない、というのが回答になるでしょう。

ただなぜこのような質問がでてくるのかその背景を考えてみると、将来の就職を考えて、進路をどうするか考える際の判断材料のしたいから、というのがひとつの理由としてあると思います。
確かに、高卒と大卒の給料は異なりますし、それでていて大卒の方が就職しやすいという事になればより多くの人が大学進学を希望するようになるでしょう。
しかしそれはある意味、就職する事だけに焦点があたっており、危険な志向でもあるといえます。

せっかく就職しても、その仕事を楽しめず、続ける事ができれなければ、結局は意味がないからです。
就職を意識しすぎてその後の進路を決めるよりも、本人のやりたい事や志向性を尊重してその後の進路を決めた方が、長期的な点で見て、いい就職につながるような気がしています。
また最近はインターネットを活用して、自分でビジネスを行う事の敷居もぐっと低くなりましたので、たとえ高卒だとしても、それだけでチャンスがなくなる事はありえません。

実際の仕事でも、活躍できるかどうかに、学歴はいっさい関係ないので、大学に進学にしない事にそこまで引け目を感じる必要はないと私は考えています。
高校生と大学生、就職するのが難しいのはどちらか。
この問いに関しては、明確な答えは出せない、というのが解答になりますが、 人生を長い視点で大きく捉え、自分の進路を後悔のないように楽しんで決定していく事が 後々のいい就職活動につながっていくと私は考えます。

就職活動の失敗体験談

このサイトに訪れている人は、当然就職活動を成功したいという思いで就職活動を行っていると思います。
ただ、毎年、就職活動で失敗をしている人がいるのも事実です。
事前にそのような失敗談を知っておくことも、あなたの就職活動を成功させる一つの重要な事かもしれません。
私の友人にもいくつか、就職活動で失敗をしてしまった人がいます。

色々なケースがあるのですが、共通して、「自分の価値観の整理が甘かった」か「会社の情報収集が甘かった」のどちらかに大別されます。
なんとなく、会社が有名だからきっといい会社に違いない、と思って入社した人は、実際に入ったあと、理想と現実との間のギャップに愕然としてしまいました。
そもそも、自分にとってのいい会社というものさえ整理できていなかったため、入社してから真剣に整理をして、その後彼は転職をしました。
知名度と優良かどうかはイコールではないのです。
一方、自分の価値観の整理はできていたが、入社した企業でそれを 満たす事ができなかった、というひともいます。
本人がどこまで求めるかによるところもありますが、これだけは、というものさえも満たされない場合は、ミスマッチとなってしまうでしょう。
企業の本当の姿は、実際に入社してみないと分からない部分もありますので、こればっかしは運による所も大きいのですが、事前の情報収集で防げる所もかなり大きいと思います。

以上、就職活動の失敗談2つを紹介しました。
自分の価値観の整理をしっかり行う。
企業の情報収集を万遍なく行う。
この2つをしっかりと意識するようにしましょう。

この事をしっかりと行えば、まず、不本意な環境に配属される事は防げると思います。
面接などの選考の過程で、少しでも「なんかおかしいな」という点があれば、遠慮をせずに積極的に質問をして不安なポイントを明らかにしていきましょう。
その過程の中の対応にも企業の姿は表れますし、あなたがどうしても腑に落ちなければ、その企業はあなたに向いていないと判断した方がいいかもしれませんね。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.