自己整理

楽な仕事が長く続けられる仕事ではない

就職活動をしているなかで、「あぁ、楽な仕事がいいなぁ。楽してお金を稼げたらいいのに」こんな風に思った事がある人も中にはいるのではないでしょうか?かくいう私も、一度は思った事があります。
ただ残念ながら、不思議なもので、そのような仕事は長く続かなかったりします。

楽できること以上に楽しめるかどうか、というのが非常に大事だったりします。
仕事に楽しさを求めるのはおかしい、という意見もありますが、それは私の意見では間違いで、確かに楽しいばかりではありませんが、楽しくなければ続きません。
人間とはそういうものではないでしょうか。

楽しい仕事につくためには、自分の事をよく知っておく必要があります。
自分はどんな事に興味をもっているのか、どんなときに生き生きとするか、どういう事で自分の強みを発揮できるか。
これらの事を過去の経験などから整理してみましょう。

ポイントとなるのは、「やりたい事」と「できる事」のバランスです。
やりたい事に寄り過ぎてしまってもよくありませんし、いま現在できるの事だけに寄りすぎてもよくありません。
「やりたい事」だけで選んでしまうのがだめな理由は、「やりたい事」が必ずしもあなたが活躍できる事ではないからです。
「やりたい事」をするのは、やはり、あなたが「楽しみたい」からですよね?
しかし、活躍できなかったらどうでしょう?やりたいと思っていた事は、やりたくない事になってしまいます。

反対に「できる事」だけで選んでしまうのがだめな理由は、成長につながらず飽きてしまう可能性があるからです。
人は新しい事にチャレンジした時に成長したり、楽しさを感じるものですので、ずっと同じできる事だけをやっていてもマンネリ化してしまうのです。
できる事に関連したやりたい事も一緒に追い求める姿勢が大切なのです。

以上を踏まえ、まずは、あなたが活躍できそうな「できる事」から整理をしてみるといいかもしれません。
それと一緒に「やりたい事」も意識して仕事を選べると、とても楽しい働き方ができるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.