自己整理

イメージトレーニングで面接練習

就職活動の一つの関門としてある面接。
この面接対策を行うにあたって、イメージトレーニングを行う事は非常に重要です。
面接のイメージトレーニングには、聞かれる内容と面接の環境(状況)の大きく2つあります。

まず、聞かれる内容に関してです。
こちらはほとんどの方が事前に行うものかと思いますが、 聞かれるであろう面接の質問を洗い出し、それに対しての返答を自分の中で整理するというものです。
その際、質問に対しての答えを出して満足するのではなく、「本当にその答えで十分か」という視点も持つようにしましょう。
もっといい答えがあるのではないか?こう答えるのって、なんか矛盾していないだろうか、など、いったん出した自分の答えを疑って整理してみるといいと思います。
しかし、事前にガチガチに組みすぎるのはかえって逆効果で、待ってましたとばかりに、暗記の内容をただしゃべるだけになってしまわないよう注意をしてください。

内容のポイントだけをおさえ、面接官と「会話」する事が重要です。
次に面接の環境(状況)に関してです。
前者の内容に関しては準備をする人は多いかもしれませんが、意外とこの環境(状況)に関しても重要で、事前にイメージトレーニングをしておいた方がいい事柄になります。
同じ企業を受ける就活性の情報をネット上で収集し、自分のうける面接の場所がどのような場所、人数なのかを複数イメージしてみましょう。
その際、自分が実際に面接官といい雰囲気で会話している様子をイメージするとgoodです。
人は一度でもイメージした事がある事の方が、そのことを実現しやすいのです。

イメージできるものは、実現できるとも言われているくらいですし。
リラックスして面接にのぞむことができます。
以上、聞かれる内容と面接の環境(状況)2つをイメージトレーニングする重要性について説明しました。
何よりものポイントは「イキイキと面接で会話をしているイメージを持つこと」です。
面接を楽しめるくらいにまでなれたら、あなたの就職活動はきっと成功するでしょう。

やりがいで選ぶ?待遇で選ぶ?

就職活動を行って行く上で、やりがいで会社を選ぶか、待遇面だけに割りきって会社を選ぶか、これは一度多くの人が考える項目かもしれません。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、人それぞれではあるのですが、私個人としては、前者のやりがいで選ぶ方をオススメします。
確かに待遇面は重要です。

いつ何があるか保証がないのが人生ですから、待遇面の充実は安心にもなります。
しかし、長い人生に仕事で費やす時間はかなりの量です。
家族と過ごす時間よりも長かったりするのです。

その時間を、待遇面だけに目を向けて我慢で過ごすのは、あまりにも辛いことだと私は思うのです。
やりがい、という言葉はけっこう漠然としていますので、企業でのやりがいとは具体的にどんな事があるのかを整理してみました。
・世界規模のスケールの大きいプロジェクトに関わっている。
・自分の得意な能力を生かして、自分にしかできない仕事をしている。
・ベンチャー企業で自分の成長が会社の成長につながっている事を実感しながら仕事している。
・自分が好きな、尊敬できる人に囲まれて仕事に取り組んでいる。
・研修制度や人を育てる環境が充実していて、日々の仕事をしながら成長が実感できる。

ざっと洗い出してみましたがこのひとつのどれかは、ほとんどの人が達成できるやりがいではないでしょうか。
自分に突出した才能を発揮して感じる事のできるやりがいだけではないのです。
自分にすごい能力が現在なくても、自分の好きな人に囲まれて仕事ができたら、仕事内容にさほど興味がなくても、相手のためにがんばろうと思い楽しく感じられたりもします。
こういった面もやりがいにつながる、という事を意識して働く事の価値観を整理してみてはいかがでしょうか。
人はどんな時にイキイキとするでしょうか。

やはり楽しいな、と感じる事をしている時だと思います。
もちろんそれは、やる内容そのものだけでなく、自分が好きだと思える人と一緒に働くという事も含まれます。
そういう視点も踏まえ、今一度、あなたの仕事選びの価値観を整理してみるのもいいかもしれません。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.