自己整理

面接でよくある質問

就職活動と言えば、なんといっても面接。
面接を苦手としていて、できる事なら面接をさけて内定したい、なんて思う人もいるのではないでしょうか。
代表的な面接でよくある質問として、下のような3つがあるかと思います。

①自己紹介をしてください。
②自己PRをしてください。
③志望動機を説明してください。
どれも、面接を経験した事がある方ならば、一度は聞いた事がある質問ではないでしょうか。

さて、これらの質問に対してあなたはどう対処するでしょうか。
まず、何よりも大事な事は、それぞれの質問の意図をふまえた回答を行う事と言えます。
これができるかどうかで、採用で重要視されるコミュニケーション力の有無も同時に判断されるのです。
1つずつ、質問の意図を見てみましょう。

「①自己紹介をしてください。」
この質問は、ほとんどの場合、面接の始めでされる事がほとんどだと思います。
自己PRではなく、自己紹介というのがポイントで、はじめの緊張した空気を、この質問によって和らげ、リラックスしましょう、という意図が隠れています。
あなたの人となりを伝えるチャンスでもありますので、あまり形式ばった形にならないように注意しましょう。

「②自己PRをしてください。」
この質問の意図は、様々ありますが、簡潔にまとめると、「自分の事をしっかり理解できているか」「応募してきた仕事の中身がしっかりと見えているか」の2つです。
これをクリアすると、次は果たしてその長所を本当に持っている人なのかが試されます。
長所と関連する具体的なエピソードは非常に大切です。

「③志望動機を説明してください。」
この質問の意図は、志望度がどれだけ本気なのか、というものです。
本当にその会社に入社したいという思いがあるのであれば、誰しもその会社の事を必死に調べますよね。
志望動機を聞く事で、会社への本気度を試されているのです。

以上、面接でよくある3つの質問について整理してみました。
普段のコミュニケーションと同様、質問の意図を踏まえた回答を行う事が何よりも大切と言えます。

集団面接と個人面接の違い

就職活動を行っていく上で、避けては通れない面接。
面接にもいくつかの形態があり、代表的なものに集団面接と個人面接があります。
今回はそれぞれの特徴について説明したいと思います。

まず集団面接について。
これは、個人面接とは事なり、集団の中でどう、たちふるまうかも同時に見られているものです。
つまり、他の人の発言も踏まえて自分の意見を言えると好感度がアップします。
決して他の応募者を蹴落して自分だけ受かろうとするのはやめましょう。

逆に、他の応募者と共通の所などを踏まえ、一緒に選考を受けている感じが出せれば好感度が上がるでしょう。
なので、個人面接はあなた自身の事について掘り下げて聞き出したいと考えている面接です。
あなた自身の事を存分にアピールするチャンスと捉え、事前にアピールする内容を整理しておきましょう。

ここでどれだけ深い内容の会話、コミュニケーションができるかで、あなたの合否が変わってきます。
TPOをわきまえる、という言葉がありますが、まさにポイントはこれです。
それぞれの形態を取っているのは、それぞれに理由があるからであり、その状況に応じたコミュニケーションが社会人には要求されます。
そういう点からも、面接という場はそのようなコミュニケーションができるかどうかをはかる場として有効なのです。

これは面接の形態に限った話ではありません。
エントリーシートで聞かれる項目に関しても同様なのです。
形には、必ず理由があります。
なので、常に「どういう背景でこうなっているのか、なぜなんだろう」という視点で考えながら、相手の意図に沿った行動ができるようにしましょう。

以上、集団面接と個人面接の両方について整理しました。
ポイントは、それぞれの形態を取っているのには理由があり、その意図に沿ったコミュニケーションが大切であるという事です。
それぞれの特徴、意図をしっかりと踏まえるようにし、その場に最適なアピールができるようにしましょう。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.