自己整理

履歴書記入のポイント

就職活動を突破する上で、誰もが作成する事になるであろう履歴書。
ここでは履歴書の記入のポイント5つについて以下に整理をしてみました。
①できれば手書きで記入する、②丁寧な字で記入する、③誰にでもわかるように記入する、④余白をとって見やすくなるように工夫する、⑤誤字・脱字は厳禁

①できれば手書きで記入する:履歴書はできれば手書きで記入をしましょう。
現在はネット上の入力で簡単に履歴書を作成できてしまいますが、やはり手書きで作成した履歴書の方があなたの企業への思い・熱意が伝わりやすいものです。
一語一句、手書きで丁寧に記入された履歴書は、他の応募者との一つの差別化になるかもしれません。

②丁寧な字で記入する:手書きで履歴書を作成する際、一番重要な事です。
上手に書く必要はありませんが、丁寧に記入するようにしましょう。
もし手書きで記入したとしても、字が祖末なものであったりしたらかえって逆効果になってしまいます。
字は人となりを表しますので、あなたのアピールの一つとなります。

③誰にでもわかるように記入する:難しい言葉を極力使わずに、誰にでも伝わるようにできるだけ簡単な言葉を使って説明するようにしましょう。
せっかくいい内容を記入していたとしても、伝わらななければ意味がありません。

④余白をとって見やすくなるように工夫する:びちびちに文字が埋められた履歴書と、余白を上手に使った履歴書。
好印象を持つのは、いわずもがな後者の履歴書ですよね。
こういった所からも、読む相手の事を意識できる人間かどうかというのが伝わります。
いきなり書き出すのではなく、下書きでだいたいの感じをつかんでから清書をするといいかもしれません。

⑤誤字・脱字は厳禁:上の①~④、すべてのポイントを満たしていても、脱字・誤字があったら非常にもったいないです。
履歴書は、入社にあたっての、あなたの非常に重要な書類になるのですから、こういった書類で脱字・誤字をしてしまう事は、責任感・注意力に欠ける人だと判断されてしまいかねません。
作成し終わったあとに、確認をすれば誰でも防げることですので、しっかりと確認をするようにしましょう。
以上、履歴書作成にあたっての5つのポイントを整理しました。
実際に作成する際は、ぜひ、参考にしてみてください。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.