自己整理

失敗しない就職活動塾!

就職活動が初めての場合、不安は多かれ少なかれ、誰もが感じるものだと思います。
初めての事を成功させるためには様々な情報、知識が必要ですし、 自分のやり方で本当に大丈夫なのかなと考えてしまう事もあるかと思います。
そういった不安を解消し、納得いく就職活動をサポートしてくれる就職塾がある事をご存知でしょうか。

企業に提出するESの添削や、面接テクニックの指導など、内定獲得をサポートしてくれる就職塾が実は数多く存在します。
さて、数ある就職活動塾から、あなたが実際に通う塾を選ぶ際、どのような基準・ポイントで就職塾を選びますか?
OBの紹介を数多くしてもらえる事、ESの添削が無制限である事など、様々なポイントがあるかと思います。
ですが、私の意見としては、内定する事にフォーカスせず、内定後にどのような生活をしたいのかにフォーカスして、就職活動ができる塾を選ぶべきだと思います。

なぜ、目先の内定ではなく、内定後の生活にフォーカスを当てるべきなのでしょうか。
これには様々な理由がありますが、端的にいうと、就職は「入社する事」が目的なのではなく、「活躍する事」が目的になるべきだからです。
もしもあなたが、目先の内定だけにフォーカスして運よく内定をゲットしたとしましょう。
確かに、その時は将来への安心やうれしさで満たされると思います。

しかし、その後の活躍、あなたがどう振る舞うべきかは十分に考慮されていないため、あなたの思考はそこでストップしてしまう事になります。
一方で、内定後の活躍にまでフォーカスを当てて考えた人はどうなるでしょうか。
おそらく内定の時点でかなりの高い評価で内定できます。
(内定の時点で実は優劣がつけられており、その後の配属にも影響をするのです)
実際に就職した後も、自分が生き生きできる楽しい仕事に就ける可能性が高くなります。

さて、どちらがあなたにとってより理想的な人生になりえるでしょうか。
いわずもがな、後者の内定後にフォーカスした就職活動ですよね。
これから就職塾を検討される方は、ぜひ、「内定後にフォーカスした就職活動を指導してくれるかどうか」をポイントに、就職塾選びをしてみてください。
短期的な視点だけではなく、長期的な視点もしっかりと持つ事が非常に大切です。

長所と短所を絡める事で説得力アップ

面接においてよく聞かれる項目の一つである長所と短所。
A君は、自分の長所だけを説明し、B君は長所も短所も両方面接で説明したとしましょう。
さて、あなたが面接官だった場合、どちらの学生を採用したいと思うでしょうか。

おそらくほとんどの面接官はBの学生に好感を持つでしょう。
言い方は悪いですが、短所は隠し長所だけをアピールする人よりも、長所も短所も理解した上で、自分のアピールをしてくる学生の方が好感が持てますよね。
信頼関係が何よりもの仕事のベースになる事からも、そういった人の方が信用しやすいですし、実際に働いてからも仕事がしやすいと思いませんか。
当然の事ながら、我々は人間なので、誰しも短所というものはあります。

短所がない人なんて存在しません。
短所があるから長所もあるわけです。
行動力が長所の人は、事前に考えるのが苦手かもしれませんし、協調性がある人は、自分の意見を主張するのが苦手かもしれません。
仕事は自分一人だけで行うわけではないのですから、企業も、一人の学生に完璧になんでもこなせる学生を求めているわけではないのです。
それぞれの強みを持ち寄り、短所を補ってチームとして機能し、成果を出す事が会社では求められます。
短所を隠すのではなく、短所を認め、自分もその短所を自覚している事が重要です。
そして、できればその短所克服のために日々取り組んでいる事などもセットで伝えられるといいでしょう。

そういった日々の小さな向上心のあらわれは、大きなアピールにもなります。
ある際立った特長を、ポジティブな側面から捉えたものが長所であり、反対に、ネガティブな側面から捉えたものが短所となります。
長所と短所は表裏一体の関係にあり、お互いに切っても切り離せないものになるのです。
実際の面接では、短所に引け目を感じて隠す事なく、どうどうとあなたの特徴をアピールしましょう。
長所と短所の両方を絡める事であなたの説得力がアップします。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.