自己整理

面接での態度に気をつけよう

めでたく書類審査を通過し、いよいよ次は面接! ここでは就職活動における面接の大事なポイントについて説明したいと思います。
面接は通常複数回あると思いますが、一番最初の一次面接で大事になるポイントはいったいなんでしょうか。
しっかりとした内容を言葉で伝える事ももちろん大切ですが、それと同じくらい面接での態度も重要です。

考えてみてください。
自分の考えがしっかりとあり、饒舌に自分をプレゼンテーションする人であっても、もしも面接の時の態度がだらしなくしていたり、人を見下すような姿勢であったりしたら、一緒に働きたいと思うでしょうか。
答えは「No」だと思います。
身だしなみも含めた態度は、面接において非常に重要な要素の一つです。

これまで会った事のない、初対面の人にとって、第一印象は非常に重要な要素の一つなのです。
ある面接官は、「部屋に入ってきた瞬間で面接の70~80パーセントは決まる」とも言っていました。
それくらい、面接での態度は重要なのです。
といっても、何も難しい事が要求されているわけではありません。

例えば、
・髪を整える。
・ヒゲを剃る。
・化粧はTPOに応じて派手になりすぎないように気をつける。
・靴を磨きピカピカにする
・スーツにアイロンをかけきれいにする。
・相手の目を見てしっかり話す。
・相手の発言には相づちをしながら、理解している事を示す。
・座ったときに姿勢をただす。
・足を組んだりじたばたさせたりしない。
というような、非常に基本的な簡単な事が要求されているのです。
これが不自然ではなく、自然にできるようになればしめたものです。

就職活動仲間と一緒に、これらがしっかりとできているかチェックし合うのもいいかもしれません。
話す内容に何よりも焦点を当ててしまいがちですが、実はそれ以上に大切なのは面接での態度です。
めでたく書類を通過し、次はいよいよ一次面接という方。
ぜひ、面接の前にあなたの身だしなみを含めた態度を見直してみましょう。
内定獲得のための重要ポイントですよ。

Copyright(c) 2016 未来への第一歩 All Rights Reserved.